【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

システム運用と保守の違いは?役割や必要なスキルについて解説

システム運用の役割とは

システム運用の役割とは

基本は業務遂行のサポート

システム運用では、基本的に業務遂行のサポートを行います。
無事にシステムが運用できるように、運用時のマニュアルを考えたり改善方法を考案したりします。

トラブルを未然に防ぐ

サーバーやネットワークが無事稼働しているか、トラブルが起きて停止しないか確認して、トラブルを未然に防ぐのもシステム運用の重要な仕事です。

システム保守の役割とは

システム障害が発生した場合の対応

システム保守では、システム障害が発生したら迅速にシステムを復旧しなければなりません。
バグの改修も重要な役割です。

日常的なシステムのメンテナンス

ほかにも、アップデートやバックアップなど、日常的にシステムをメンテナンスしています。

システム運用・保守・監視の求人情報についてはこちら>>

システム運用とシステム保守の違いについて

システム維持に欠かせない2つの仕事

システム運用もシステム保守も、どちらもシステムを維持するための重要な仕事です。
システム運用がトラブルを未然に防ぐのに対して、システム保守は起きたトラブルの対処をします。

「運用」は日々システムを動かすこと

システム運用では、日々システムを動かすための仕事をします。
システムを監視したり、トラブルの原因や対策を考えてマニュアルを作ったりと、円滑な運用を目指すのが仕事です。

「保守」はシステムに変更を加えること

システム保守では、トラブルに対応したりシステムをアップデートしたりと、システムに何らかの変更を加えて改善します。
新しいシステムを導入するのもシステム保守の仕事です。

システム運用と保守の仕事はIT業界の縁の下の力持ち

システム運用も保守も、円滑にサーバーやネットワークのシステムを利用できるようにする仕事であり、IT業界の縁の下の力持ちです。
そのため「システム運用保守エンジニア」として両方を兼任するケースも多く、システム維持に貢献する人材として活躍します。

システム運用・保守に必要なスキルと資格

基本情報技術者

「基本情報技術者」はITエンジニアの登竜門とも言われる資格で、システム運用の知識に加えて、設計や開発、信頼性と生産性が高いシステムを構築するスキルも養えます。
システム運用・保守の基礎知識を学びつつ、包括的な知識も習得したい方におすすめです。

応用情報技術者

システム運用・保守を担当できるIT人材を目指すなら「応用情報技術者」の資格もおすすめです。
基本情報技術者のワンランク上の死角であり、応用的な知識と技術も習得できるので、システム運用・保守としてキャリアアップしたい方に適しています。

ネットワークスペシャリスト

「ネットワークスペシャリスト」はネットワーク系エンジニアからインフラ系エンジニアまで、多くのエンジニアが目指す国家資格です。
システム運用・保守に加えて企画や要件定義、開発の知識や技術も学べるので、ネットワークの設計や構築など業務の幅を広げたい方にも向いています。

マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)

世界的な資格である「マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)」は、マイクロソフト製品に対する知識と技能をレベル別に認定するものです。
IT技術に対する勉強意欲の高さを証明できるので、日本でも大人気の死角です。
製品やバージョンごとに細かく分かれているので、システム運用・保守の業務に関わる知識を習得すれば強みになるでしょう。

Linux技術者認定試験(LPIC1-3)

Linux技術者としての技能をレベル別に測る「Linux技術者認定試験」は世界中で実施されている資格試験です。
Linux初心者でも効率的に学習できることから、これからLinuxサーバー環境の運用・保守を担当し、スキルアップ・キャリアアップを目指す方におすすめです。
「LPIC1-3」はレベル3に該当し、Sambaを利用してLinux、Windows、Unixが混在するシステムの運用・保守したり、セキュリティレベルが高いコンピュータシステムやサーバー、仮想化技術や高可用性システムの運用・保守したりするスキルが習得でき、レベルが高い運用・保守業務が可能になるでしょう。

JP1認定技術者

「JP1認定技術者」とは、JP1全般の理解、および運用に必要なテクニカルスキルを修得したエンジニアを日立が認定する制度です。
目的ごと、レベルごとに資格が分かれていて、システムの運用・保守に会った資格を受けてスキルレベルの認定を受けることが可能です。
たとえば「JP1認定プロフェッショナル 統合管理」ではシステム監視やシステムに設定に関する問題が出題されます。
自分が強化したいスキルを習得できるでしょう。

シスコ技術者認定(CCNA,CCNP)

「シスコ技術者認定(CCNA,CCNP)」とは、シスコシステムズ製品に関するIT分野の技術者認定で、ネットワークエンジニアとしての基本スキルが証明できます。
5つのグレードに分かれていて、CCNAはアソシエイト、CCNPはプロフェッショナルに該当します。
世界共通基準であり、エンジニアが不足しがちな分野なので、取得すれば大きな強みになるでしょう。
試験範囲が広く、自分の知識の幅を広げて網羅的に学習できる点もメリットです。

システム運用・保守・監視の求人情報についてはこちら>>

まとめ

システム運用と保守の仕事内容や役割に違いはあるものの、どちらも企業のシステムを支える重要な仕事です。
エンジニアは全般的に人材不足でありニーズが高いので、システム運用・保守の仕事ができるようになればビジネスパーソンとしての価値が上がるでしょう。

関連する記事

システム運用

システム運用とは?仕事内容や求められるスキルについて解説

システムのトラブルを未然に防ぎ、トラブルの原因や対策を考えるシステム運用。 システム運用の仕事内容や求められる資格やスキルについてご紹介します。 (つづきを読む)

システム運用管理

システム運用管理とは?仕事内容や管理項目、資格について解説

導入したシステムを継続的に利用できるように運用、管理するシステム運用管理。 システム運用管理の仕事内容や管理項目についてご紹介します。 (つづきを読む)

ICT支援員

ICT支援員とは?学校で先生・生徒を助けるお仕事について解説

小学校・中学校・高校に出向いて、先生が使用しているPCやその他周辺機器の使い方について指導し、情報化推進のサポートを行うICT支援員。 ICT支援員の雇用・勤務形態や特徴、やりがいについてもご紹介します。 (つづきを読む)

システム運用管理・保守・監視のお仕事に興味がある方は、求人情報をご覧ください。

システム運用管理・保守・監視の仕事一覧

よく検索される条件のお仕事

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.