【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

ネットワークエンジニアとは?仕事内容や資格、年収について解説

ネットワークエンジニアの業務内容は主に3つ

ネットワークエンジニアの業務内容は主に3つ

ネットワークエンジニアとはどのような業務内容でしょうか。
主な3つの業務内容について紹介します。

ネットワークの設計

ネットワークの設計では、クライアントが求めているシステムの要件を定義してから、基本設計と詳細設計を行います。
ネットワークの構成や使用する機器、回線などの決定、設計のスケジュール組み、維持コストの検討なども業務内容に含まれています。
要件定義を行う前の段階である新規ネットワークシステム構築の提案から行うケースもあります。

ネットワークの構築

設計時に作成した資料やスケジュールに基づいて、実際にネットワーク機器の設置や設定作業を行うのが構築です。
具体的には、設計に合わせて設定(コンフィグ)を組み込んだり、ネットワーク機器を設置し、LANの配線をつないだりします。

構築の業務は、ネットワークに関する基本的な知識とスキル、コンフィグに関する知識があればできます。
しかし、設計の段階では気づかなかった設計ミスやコンフィグのエラーに気づき、修正が求められるため、ある程度の経験がないと難しい業務です。

ネットワークの運用・保守

構築が完了した後も、随時設定や構成の変更を行い、ネットワークをスムーズに活用できるようにするのが運用です。
保守は、運用中に発生したネットワークのトラブルに対処したり、故障を直したりして円滑なネットワーク環境を維持します。

ネットワークエンジニアの求人情報についてはこちら>>

ネットワークエンジニアとSEやサーバーエンジニアなどとの違い

ネットワークエンジニアと似た職種に、システムエンジニアやサーバーエンジニアがあります。
ネットワークエンジニアは各コンピューターをつなげるネットワークシステムを構築しますが、システムエンジニアはそれぞれのコンピューターで個別に動くシステムの設計や開発を行います。
サーバーエンジニアは、ネットワークではなくサーバーの構築や運用、運用や保守を担当します。

また、ネットワークエンジニアはインフラエンジニアと同じ職種として扱われることがありますが、インフラエンジニアはサーバー構築やネットワーク管理などのITインフラを担当するため、業務内容によってはネットワークエンジニアの仕事を担当するケースがあります。

ネットワークエンジニアに必要なスキルとは

ネットワークエンジニアは人と関わる機会が多い傾向にあるため、コミュニケーション能力が求められます。
利用者のトラブル対応をすることもあり、どんな知識レベルの相手にも対応法をわかりやすく伝えられる説明能力も欠かせません。
基本的なネットワーク知識ももちろん必要です。

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

ネットワークエンジニアの仕事にはどのような資格が生かせるのでしょうか。
ネットワークエンジニアにおすすめの資格をいくつか紹介していきます。

Cisco(シスコ)技術者認定

アメリカCisco社が実施しているベンダー資格でエントリー:CCENT、アソシエイト:CCNA、プロフェッショナル:CCNP等、体系化されており、エキスパート:CCIEは国際的に通用する資格で、ネットワークエンジニアのスキルの指標となります。
ネットワークエンジニアとして最高レベルの技術と知識を持っていることの証明になるため、転職活動においても有利になることがあります。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、一人前のネットワークエンジニアの証明となる国家資格です。
具体的には、ネットワークの構築・管理・運用・保守の作業と指導スキルを有していることの証明となります。

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアにはどのような人が向いているのでしょうか。
ネットワークエンジニアの仕事に求められる素質についていくつか紹介していきます。

インターネットに興味のある人

ネットワークエンジニアはまずヒアリングを行い、その内容から課題や要望を見つけ、適切なソリューションを提案します。
提案する際には、インターネットにまつわる豊富な知識が欠かせません。
インターネットに興味を持ち、幅広い知識を収集する必要があるでしょう。

体力・忍耐力がある人

ネットワークは会社のインフラであり、トラブルが起きたら早急に対処しなければならず、時には深夜に対応することもあります。
体力や忍耐力があったほうがいいでしょう。

探究心がある人

ネットワークエンジニアは日々正確な情報を集めて、分析していく地道な仕事です。
探求心がある人であれば、こうしたルーチンワークにもしっかり向き合い、よりよいネットワーク環境へとつなげられるでしょう。

情報収集が得意な人

IT技術は日々進歩しており、ネットワークエンジニアは最新の情報を常に把握しておく必要があります。
常にアンテナを張って新しい情報を集められる、情報収集が得意な人に向いています。

コミュニケーション能力の高い人

ネットワークシステムの設計・構築を行うにあたり、お客様のニーズを理解する必要があります。
お客様のニーズや要望をしっかりと聞き出すコミュニケーション能力がなければ、設計・構築したネットワークシステムをお客様に納得していただくことは難しいでしょう。
知識や技術を同様に、お客様との信頼関係を築くための高いコミュニケーション能力も必要です。

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアの平均年収は、約550万円ぐらいです。
20代だと約400万円、30代だと500~600万円、40代以降は約650万円~と言われています。
経験年数が長くなるほど、年収も上がっていく傾向です。
(複数の求人サイトを2020年4月時点で調査し、NOCテクノソリューションズ株式会社が集計して記載しています。)

ネットワークエンジニアの求人情報についてはこちら>>

ネットワークエンジニアのキャリアパス

まずはネットワーク監視運用や構築支援/設定からスタートし、経験を積んでいきます。
ネットワーク構築や運用を一通り経験してからは、スペシャリスト系かゼネラリスト系か、どちらかのキャリアパスを選ぶのが主流です。
スペシャリスト系に進むなら基本設計からスタートし、セキュリティエンジニアか製品エンジニアのいずれかの方面に注力していきます。
ゼネラリスト系に進むなら最初にIT全般に対応するインフラエンジニアを経験してから、プロジェクト管理・クラウド系エンジニア、フルスタックエンジニアのいずれかにシフトしていきます。

ネットワークエンジニアの将来性とは

ネットワークエンジニアはITエンジニア職の中でも将来性があると言われています。
5年に1回はリプレース作業が発生したり、会社の移転や新拠点の設立などに応じて作業が発生したりと、ニーズが高く安定した職種だからです。
また、近年は仮想化ソリューションやクラウドなどの新技術が普及し、ネットワークエンジニアの案件はますます増えています。

未経験からネットワークエンジニアを目指すには

初心者でも作業手順書やチェックシートがあるネットワーク設定/構築支援の仕事を選べば経験を積むことができます。
ネットワーク系資格「CCNA」を取得すれば、基本的な業務に着手しやすくなるでしょう。
環境が整っていて最大限サポートが得られるCiscoゴールドパートナーの企業で働いてCCIEを取得し、その後は無線LANやIPSなど上位層を制御するアプライアンス製品に精通して技術を習得するのもおすすめです。

まとめ

ネットワークエンジニアは、これからも需要が高まり続ける職種だと言われています。
専門的な技術を生かし、多くの企業から求められるエンジニアを目指すなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアとは?仕事内容や資格について解説

製品の定期的なメンテナンスなど、ユーザーのサポート全般を担当するフィールドエンジニア。 フィールドエンジニアの仕事内容や資格、向いている人についてご紹介します。 (つづきを読む)

SE支援

SE支援とは?働き方や派遣との違いについて解説

人員不足により需要が高く、正社員からフリーランスまで多種多様な働き方が可能なエンジニア。 その中でも、注目されているのがSE支援です。 SE支援の業務内容や、メリット・デメリットについてご紹介します。(つづきを読む)

システム運用

システム運用とは?仕事内容や求められるスキルについて解説

システムのトラブルを未然に防ぎ、トラブルの原因や対策を考えるシステム運用。 システム運用の仕事内容や求められる資格やスキルについてご紹介します。 (つづきを読む)

ネットワークエンジニアのお仕事に興味がある方は、求人情報をご覧ください。

ネットワークエンジニアの仕事一覧

よく検索される条件のお仕事

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.