【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

ICT支援員とは?学校で先生・生徒を助けるお仕事について解説

ICT支援員について

ICT支援員について

ICT支援員とはどのような仕事内容でしょうか。
雇用・勤務形態や特徴、やりがいについても紹介します。

仕事内容や役割とは

ICTとは情報通信技術を指す言葉で、PCなど情報通信技術の使い方を意味します。
ICT支援員は、それぞれが担当するエリアの小学校・中学校・高校に出向いて、先生が使用しているPCやその他周辺機器の使い方について指導し、情報化推進のサポートを行います。
契約内容によっては、実際に行われている授業の支援を行ったり、導入された各種ICT機器をさらに有効活用するアドバイスを行ったりするケースもあります。

雇用形態・勤務形態は?

IT支援員の雇用形態・勤務形態はさまざまです。
自治体や学校が直接雇用するパターンと、自治体や学校が委託業者と契約して業務委託として請け負うパターンの2種類が基本的な雇用形態で、正社員から契約社員、派遣社員、アルバイト・パートまであります。
勤務形態は1校に常駐または複数校を巡回して週5日フルタイムで働くパターンと、シフト勤務で複数の学校を回るパターンが主です。
正社員、契約社員、派遣社員であれば前者、アルバイト・パートであれば後者が多いでしょう。
学校で仕事するICT支援員は学生同様に長期休暇があると思われがちですが、学校の教師は長期休暇中も通常通り出勤をしているため、原則は土日祝日休みです。

最大の特徴・やりがいとは

仕事内容はPC教室のインストラクターに似ていますが、自発的に教わりに来た人に受動的に教えるのではなく、自ら教職員や生徒に指導する点が特徴です。
割合としては興味を持っていない相手に教えるほうが多いため難易度は高いのですが、その分達成感があります。
学生や先生方に教える楽しさや、人のためにサポートするやりがいが感じられるでしょう。

ICT支援員の求人情報についてはこちら>>

ICT支援員には年齢制限がないって本当?

ICT支援員に年齢制限はありません。
ICT環境に携わるため、ICTに抵抗がなく、他者のためにサポートをしたいと考えている人であれば適性があると言えます。

ICT支援員を目指すのにプラスになる経験とは

PC教室のインストラクターのように人に教える仕事を経験した人であれば、その経験を活かしてスタートすることができます。
また、一般企業でオフィス作業を経験していれば、基本的なPC操作などが習得できているので「教えるための学習」がスムーズに完了します。

ICT支援員に向いている人

ICT支援員に向いている人はどのような人でしょうか?
ICT支援員に求められる特徴について紹介します。

コミュニケーション能力が高い人

ICT支援員はPCなどの知識がない学生から中高年の先生まで指導しサポートするため、どんな人にもわかりやすく伝えるコミュニケーション能力が求められます。

ICT機器に詳しい人

主に授業で使うPCやタブレットなどの操作方法を教えますから、ICT機器の知識も必要不可欠です。
基本的な操作方法やよく使うソフトの使い方に詳しいほうが、指導する際により正確な情報を伝えられるでしょう。

ICT支援員が取り扱うICT機器について

主に扱うICT機器は、PC・タブレット・教材ソフト・プロジェクターなどが中心となります。
そのほかに、学校で使用する一般的なソフトウェアも取り扱います。
Officeソフト(エクセル、ワード、パワーポイントなど)・授業支援ソフト・教材ソフトなどです。

ICT支援員の資格について

ICT支援員の仕事をするにあたり、どんな資格を取れば役立つのでしょうか?
業務に役立つ資格を紹介します。

役立つのが「ICT支援認定資格」

ICT支援員の資格としてもっと一般的なのが「ICT支援認定資格」です。
年2回実施され、認定されてから約2か月で認定証書が手に入ります。
実践的知識を問うA領域と、問題分析と説明力を問うB領域があり、A領域は受験会場にてCBT方式で受験し、1週間後にB領域の課題が提示され、課題に対する動画を5日以内に提出する流れです。

2019年度から始まった「ICT支援員上級認定試験」

ICT支援者としてキャリアアップしたいなら、実績と能力面で優れた人にのみ認定される「ICT支援員上級認定試験」を受験するのがおすすめです。
問題解決、コミュニケーション能力、マネジメント能力に関する課題と面接を行うもので、ICT支援者として高いスキルを持つことの証明になります。

ICT支援員の先駆けとなった「教育情報化コーディネータ」

ICT支援員と似ている資格「教育情報化コーディネータ」は、ICT支援員よりも10年早く試験が実施されています。
教育情報化コーディネータは学校の教育情報化をデザインする役割を担っているため、資格を取得すればより広い視野を持って実務に取り組めます。

ICT支援員になるために必要なスキル

「ICT支援員」という名前からわかる通り、「システムエンジニア(SE)」や「カスタマエンジニア(CE)」のようないわゆるエンジニアのような専門職なイメージを持ちやすいですが、実際には技術的なスキルよりも、基礎スキルと対面コミュニケーションスキル、指導スキルが重視されます。
プリンタの設定・インターネットの接続設定など身近な環境設定ができる基本的なパソコン・タブレットの知識が必要です。
ワード・エクセル・パワーポイントの使用スキルも欠かせません。
そして、プログラミング教育への興味関心も求められます。
学校によって導入しているICT機器やソフトウェアはさまざまですが、これらのスキルがあれば現場でいくらでも経験を積みながら対応できます。
ICT支援員としてのお作法である基本的な立ち振る舞いのレクチャーを受けてから参加すれば安心です。

ICT支援員の平均年収

多種多様な勤務形態があるため一概には言えませんが、一般的には年収300~350万円が相場だと言えそうです。
さまざまな求人をチェックして、希望に合った募集を探しましょう。
(複数の求人サイトを2020年4月時点で調査し、NOCテクノソリューションズ株式会社が集計して記載しています。)

ICT支援員の求人情報についてはこちら>>

ICT支援員の将来性

IT社会になり学校でもプログラミングの授業が始まるなど、幼少期からITリテラシーを高めようとする風潮が生まれています。
当然、学校にはPCやタブレットが導入されICT化が進んでいますが、学校の先生が担当しているのはあくまで専門教科の授業であり、PCやタブレットの操作を教えるわけではありません。
そのためICTを専門とするICT支援員のニーズが高まっていて、今後もこうした流れは加速していくであろうことから、ICT支援の将来性は高いと言えます。

ICT支援員の求人ならテクノジョブサーチ

ICT支援員はエンジニアほどの専門知識を必要としないため、ICTの基礎知識や技術、そしてコミュニケーション能力さえあればスタートできる仕事です。
通年求人募集をしている仕事ではありませんので、テクノジョブサーチで求人情報をこまめにチェックして、見つけたら積極的に応募しましょう。
未経験でもやる気があればチャレンジでき、現代の学校教育において必要不可欠な存在であるICT支援員を目指してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

ヘルプデスク

ヘルプデスクとは?仕事内容や社内SEとの違いについて解説

パソコンなどの製品に対するエンドユーザーからの問い合わせに対応するヘルプデスク。 ヘルプデスクと社内SEの違いややりがい、キャリアパスについてご紹介します。(つづきを読む)

SE支援

SE支援とは?働き方や派遣との違いについて解説

人員不足により需要が高く、正社員からフリーランスまで多種多様な働き方が可能なエンジニア。 その中でも、注目されているのがSE支援です。 SE支援の業務内容や、メリット・デメリットについてご紹介します。(つづきを読む)

キッティング

キッティングとは?仕事内容やセットアップとの違いについて解説

パソコンやスマートフォンなどIT機器を新しく購入した際に、ユーザーがすぐに使える状態にするセットアップ作業を行うキッティング。 キッティングの仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。 (つづきを読む)

よく検索される条件のお仕事

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.