【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

フィールドエンジニアとは?仕事内容や資格について解説

フィールドエンジニアとは

ユーザーのいる場所へ赴きサポートをするという、エンジニアの中ではやや特殊な業務を担うフィールドエンジニア。
システムの安定的な運用や開発側の信用度の確保において不可欠な存在です。

ここでは、フィールドエンジニアについて詳しく解説するとともに、必要な資格や仕事内容についてご紹介します。

フィールドエンジニアとは

フィールドエンジニアとは、ユーザーのサポート全般を担当するエンジニアです。
トラブル対応をしたり、定期メンテナンスを行ったり、製品の使い方を教えたりと幅広い業務を担当します。
専門知識を持っていないユーザーに対して製品の説明をわかりやすくするためには、高い説明能力や深い製品知識が欠かせません。

フィールドエンジニアの主な仕事内容とは

フィールドエンジニアの主な仕事内容は、製品のトラブル解決、製品の設置サポート、製品のメンテナンス、製品の説明・営業の4つに分類できます。
製品のトラブル対応では、パソコンやプリンター、サーバーやネットワーク機器などにトラブルが起きた際に現場に行ってトラブルを解決します。
製品の設置サポートは、納品時に設置を行うことです。 製品のメンテナンスは定期的にメンテナンスを行い、トラブルを未然に防ぎます。
使い方がわからないユーザーに製品の説明をしたり、新商品の切り替えに向けた営業をしたりすることもあります。

このように、フィールドエンジニアはエンドユーザーとコミュニケーションしながらあらゆる業務に対応する仕事です。

フィールドエンジニアのやりがい

フィールドエンジニアの仕事には、オフィスでシステムやプログラムを構築する一般的なエンジニア職にはないやりがいがあります。

自分の知識や技術で顧客の満足度を上げられる

フィールドエンジニアはエンジニアでありながら営業職に近い役回りもこなすため、顧客満足度を左右する重要な役割を担っています。実際にエンドユーザーと接する機会が多く、トラブル解決などで直接お礼を言われることもあり、自分の知識や技術が顧客満足度に貢献していることを実感できるのが魅力です。

エンジニアとしての知識・技術が向上する

ご紹介したとおり、フィールドエンジニアの業務内容は多岐にわたり幅広いため、エンジニアとしての知識・技術が全般的に向上します。訪問先で迅速に対応する能力や、エンドユーザーにわかりやすく伝える説明能力なども鍛えられるので、これからのキャリアアップに生かしやすいでしょう。

最新のソフトウェアや機器の情報を得られる

近年はIoT化やAIの普及が著しく、ソフトウェアや機器もめざましく進化しています。ユーザーに製品の使い方を説明するフィールドエンジニアは、製品の進化に合わせて多種多様な知識を習得し、常に最新の情報へアップデートし続けなければなりません。必然的に最新のソフトウェアや機器に精通し、短いサイクルでどんどん入れ替わるIT業界に適応できる人材に成長できるでしょう。

フィールドエンジニアに活かせる経験は?

フィールドエンジニアとして働く際には、エンジニアとしてのスキル以外に活かせる経験がいくつかあります。過去の経験の中で以下のような経験がないか振り返ってみましょう。

顧客折衝経験

フィールドエンジニアは顧客と直接コミュニケーションを取る仕事のため、営業職などでの顧客折衝の経験や、販売職での接客経験があると業務に活かすことができます。

生産工程に携わった経験

製品の製造工程に携わり、構造や設計の知識があると、現場での修理やトラブル解決の糸口を見つけるヒントを引き出すのに役立ちます。

クレームやトラブルに対応した経験

作業と並行してクレーム対応やトラブル対処をしなければいけないことも現場では多くあります。
顧客からのクレームやトラブルに対応した経験は実務にも活かされます。

フィールドエンジニアのキャリアパス

未経験スタートも可能なフィールドエンジニアの仕事は、エンジニアの登竜門にも適しています。
フィールドエンジニアとして製品知識や対応方法を習得してから開発エンジニアになったり、プログラミングを行うSEになったり、ユーザーとのコミュニケーションを主とする営業職に転身したりと多様なキャリアパスが可能です。

フィールドエンジニアの需要が増えてきている?

だんだんインフラがサーバ型からクラウド型に移行しつつありますが、まだITシステムが多くの企業で利用されています。
IoT化やAI・ビッグデータの普及も追い風となり、今後もフィールドエンジニアの需要は増していくでしょう。

フィールドエンジニアの平均年収

スキルや経験、勤務先、地域などによってバラつきはありますが、フィールドエンジニアの平均年収は約410万円~480万円です。
単純に月給に換算すると約30万円~40万円となります。
国税庁の民間給与実態調査によれば日本の平均年収は約436万円とされていますので、フィールドエンジニアの年収は平均よりやや高い傾向にあるといえます。

フィールドエンジニアに向いている人

フィールドエンジニアに向いている人

では、フィールドエンジニアに向いている人はどのような人なのでしょうか。

機械を扱うのが得意、好きな人

IT製品のサポートを行うフィールドエンジニアは、機械を扱うスキルが必要不可欠。得意な人や好きな人にぴったりです。

コミュニケーション・接客能力がある人

人と会ってサポート業務を行うフィールドエンジニアは、コミュニケーション能力が欠かせません。接客能力が高ければ成果を上げやすいでしょう。

柔軟な対応力のある人

柔軟な対応力があれば、フィールドエンジニアの幅広い業務に対応でき、イレギュラーなトラブルにも対処できます。

逆境に強い人

製品のセキュリティや安全性が万全でなければ責任問題に発展する昨今、ユーザーと接するフィールドエンジニアは重圧が大きく、万が一のトラブルにも対応するため、逆境に強い人に適しています。

フィールドエンジニアになるためには?

フィールドエンジニアになるには主に3つの方法があります。

1つ目は、会社に入社し研修や業務などで学んでいく方法です。
フィールドエンジニアの場合、自社製品のサポートをすることが多いため、入社してから学ぶ機会が多くあります。

2つ目は独学で学ぶ方法です。
独学で知識や経験を身につけるためには、まず目標設定として資格の取得を目指すとよいでしょう。
フィールドエンジニアになるためには必ずしも資格が必要というわけではありませんが、取得しておいたほうがプラスに働く資格はいくつかあります。
事項で詳しくご紹介します。

3つ目は、専門学校などで技術や知識を学ぶ方法です。
専門学校に通わないとフィールドエンジニアになれないということはありませんが、必要な知識に特化した専門的な学びを得ることができます。
大学に通う方法もありますが、専門学校は夜間コースが充実していることが多く、昼間働く社会人でも仕事と勉強の両立がしやすいというメリットがあります。

フィールドエンジニアの仕事に役立つ資格

IT実務スキルの認定資格である「CompTIA」、ITの基本的知識からビジネスの基本まで網羅する「ITパスポート試験」、マイクロソフト製品に対する技術と技能をレベル別に認定する世界共通資格「MCP資格(マイクロソフト認定資格)」などがフィールドエンジニアの仕事に役立ちます。

CompTIA A+

ITキャリアの第一歩となる資格であると同時に、ITキャリアを確立するうえでも重要なIT認定資格です。
CompTIA A+を取得することで、ユーザーの使用デバイスに関係なく、セキュアに必要なデータにアクセスできる環境を提供・維持するスキルを修得できます。

「CompTIA A+」の公式サイト

CompTIA Network+

ネットワーク技術に携わる世界中の企業で、自社のネットワーク技術者の育成のために活用されている資格です。
技術者を採用する際のスキル基準としても活用されているので、持っているだけで転職に有利になります。

「CompTIA Network+」の公式サイト

ITパスポート試験

現代の社会人に求められる基礎的なITスキルを証明できるのが「ITパスポート」です。
ITの基本的な知識はもちろん、AIやビッグデータ、IoTなどの最新技術の知識、経営全般の知識、プロジェクトマネジメントの知識なども幅広く習得できます。

「ITパスポート試験」の公式サイト

MCP資格(マイクロソフト認定資格)

MCP資格(マイクロソフト認定資格)とは、マイクロソフト製品に関する知識や技能をレベル別に認定する試験です。
ワード、エクセル、パワーポイントなど多くの社会人が使うマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できます。

「MCP資格(マイクロソフト認定資格)」の公式サイト

コミュニケーション検定

フィールドエンジニアの必須スキルと言えるコミュニケーション能力を認定する「コミュニケーション検定」もおすすめです。
周囲の人々と会話するスキルや、正しい伝達力、場面に応じたコミュニケーションスキルなどが学べます。

「コミュニケーション検定」の公式サイト

普通自動車免許

意外と大切なのが普通自動車免許です。
フィールドエンジニアは訪問対応が多く、移動が頻繁にあります。 普通自動車免許が必須だったりするので、普通自動車免許は取得しておきましょう。

フィールドエンジニアは未経験でもできる?

フィールドエンジニアは、他のエンジニア職に比べると比較的未経験からでも目指しやすい職種です。
エンジニアやIT業界での経験がなくても、コミュニケーション能力や販売職での経験があれば仕事に役立てることができます。
また、もともと機械を触ることが好きな人であれば、入社後の研修や実際の業務の中でスキルを磨いていくことができるでしょう。
面接の際にはそうした経験や興味を丁寧に伝え、自らがフィールドエンジニアとしての資質を持っていることをしっかりとアピールしましょう。

まとめ

幅広いIT知識や技能だけでなく、ユーザー対応スキルも磨かれるフィールドエンジニアは、あらゆる業界・企業で活躍できるエンジニアにステップアップできる仕事です。
多くの企業が採用したがる「コミュニケーション能力が高いエンジニア」を目指している方は、ぜひチャレンジしてはいかがでしょうか。

関連する記事

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは?仕事内容や資格、年収について解説

ネットワークの設計・構築から運用・保守まで幅広く担っているネットワークエンジニア。 ネットワークエンジニアに求められるスキルや平均年収についてご紹介します。(つづきを読む)

SE支援

SE支援とは?働き方や派遣との違いについて解説

人員不足により需要が高く、正社員からフリーランスまで多種多様な働き方が可能なエンジニア。 その中でも、注目されているのがSE支援です。 SE支援の業務内容や、メリット・デメリットについてご紹介します。(つづきを読む)

ヘルプデスク

ヘルプデスクとは?仕事内容や社内SEとの違いについて解説

パソコンなどの製品に対するエンドユーザーからの問い合わせに対応するヘルプデスク。 ヘルプデスクと社内SEの違いややりがい、キャリアパスについてご紹介します。 (つづきを読む)

フィールドエンジニアのお仕事に興味がある方は、
求人情報をご覧ください。

フィールドエンジニアの仕事一覧

よく検索される条件のお仕事

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.