【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

クラウドエンジニアとは?仕事内容や平均年収、必要なスキルについて

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、クラウドインフラの設計や構築、運用をおこなう職業です。
オンプレミスからクラウドへとシステム移行のニーズが広がる中、クラウドエンジニアの需要はますます高まっています。

この記事では、クラウドエンジニアの仕事内容や必要なスキル、資格、平均年収や将来性などを解説します。

クラウドエンジニアってどんな仕事?

まず、クラウドエンジニアとはどんな職種なのか、詳しく見ていきましょう。

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアの説明に入る前に、クラウドとオンプレミスの違いについてご説明します。

クラウドと対極の考えにオンプレミスがあります。 オンプレミスとは、サーバーやネットワーク、ソフトウェアなどを自社内に保有し運用する事です。
対して、クラウドとは、社外にあるサーバやソフトウェアを、ネットワークを介して運用する事を指します。
クラウドエンジニアは、その名の通り、クラウドサービスにおいて、システム設計や構築、運用を行うエンジニアの事です。

クラウドエンジニアの主な仕事内容

クラウドエンジニアには、大きく分けて インフラの設計 クラウドの構築 システムの運用・保守 の3つの仕事があります。

インフラの設計においては、まずクライアントのニーズを踏まえ要件定義をします。
要件定義においては、オンプレミスとパブリッククラウドの両方の環境を利用する可能性もあります。
そのため、インフラ全般およびデータベースの知識が必要です。 また、要件定義をした内容を最適な環境で動作させるためには、ITシステムやサービスの最適な動作環境を把握しておく必要があります。
各クラウドサービスの特徴を踏まえ、セキュリティや将来的な拡張機能も考慮しクラウドサービスの選定・設計を行います。

クラウドの構築では、要件定義に基づいて作成された設計書をもとにシステム環境をクラウドサービス上に構築します。
構築段階では、クライアントの要件定義に沿ったソフトウェア導入や仮想サーバーの作成、データベース構築、ストレージ設定などが具体的な業務内容となります。
またプログラミングや構築後のサーバー動作テストなどもクラウド構築段階の業務に含まれます。
システムの運用・保守においては、構築後に各ITサービスが安定して動作するよう日々メンテナンスをおこないます。
オンプレミスの運用・保守と異なり物理機器の作業は不要ですが、OSやミドルウェアのバージョンアップやシステムの監視、運用コストを管理する必要があります。

インフラエンジニアとの違い

インフラエンジニアのメインの仕事はIT環境の基盤作りです。
そこにはネットワークやサーバーなどの設計・構築・運用などの業務も含まれるため、インフラエンジニアの業務はクラウドエンジニアの業務に含まれるものであるといえます。

ネットワークエンジニアとの違い

クラウドエンジニアがシステム設計などをおこなうのに対し、ネットワークエンジニアはネットワークシステムを構築・運用することが主な業務となります。
個々のコンピューターをつなげるためにネットワーク構成図を設計し、ルーターなどのネットワーク機器の知識を駆使してネットワークシステムを実現します。
ネットワークのみがネットワークエンジニアの業務範囲であるのに対し、クラウドエンジニアはクラウド上のシステム設計などをおこなうため、それぞれの業務の性質は異なります。

クラウドエンジニアの需要は高まっている?

従来はインフラ環境をオンプレミスで開発することが主流でしたが、昨今ではオンプレミスからパブリッククラウドに移行する企業や最初からパブリッククラウドで開発する企業も増加しています。
そのためシステムの設計や構築、運用などを担当するクラウドエンジニアの需要も高まっています。
また、近年普及しているテレワークもクラウド移行の追い風となっています。
さらに、この先の時代に企業が成長するうえで不可欠なAIやIoTといった技術の進化も、クラウドへの移行、クラウドサービスの需要拡大につながっています。
このような点からも、クラウドエンジニアの需要は高まっているといえます。

クラウドエンジニアの平均年収

クラウドエンジニアの平均年収は約550万円~600万円程度と比較的高めです。
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によればシステムエンジニアの平均年収は約556万円とされていますので、エンジニアとして平均以上の収入が得られる仕事であることがわかります。
この背景には、前述の通りクラウドエンジニアの需要が高まっていること、また他のエンジニア職種よりも多くの知識やスキルが必要であることがあると考えられます。

クラウドエンジニアに必要なスキル

クラウドエンジニアに必要なスキル

クラウドエンジニアには、以下の4つのスキルが必要とされています。

  • クラウド技術に関連する知識
  • クラウドサービスを扱うスキル
  • インフラ全般の知識とスキル
  • コミュニケーション能力

一つ目の「クラウド技術に関連する知識」には、サーバーやネットワークの仮想化などの知識が挙げられます。
クラウドサービスでの構築手順はもちろん、サービスのメリット・デメリットを把握して円滑に作業ができるよう身に着けておきましょう。
また、プロジェクトによってはデータサービスもクラウドエンジニアが扱うことがあるため、データ処理や情報統合などといったデータベースの知見があると、よりクライアントの要望に応じた提案が可能となります。

2つ目の「クラウドサービスを扱うスキル」としては、システムを構築する際、数あるクラウドサービスから目的に対して適切なサービスを選択できる事、リスク低減や工数削減の具体的な手法を理解している事等が挙げられます。
クラウドエンジニアには、クライアントの要件によって柔軟な対応や発想が求められます。

そこで必要となるのが3つ目の「インフラ全般の知識とスキル」です。
サーバーやネットワーク構築などインフラに関わる全般知識に加え、オンプレミス領域の知識も必要となります。
また、サーバーやネットワークなどの物理機器に関する知識やシステム移行のスキルを持ち合わせることで、エンジニアとしての価値はさらに高まります。

4つ目の「コミュニケーション能力」が必要な理由は、クライアントと密に連携する必要があるからです。
たとえば、現環境を把握して要件定義をする場合にはクライアントのヒアリングを通じて業務を理解する必要があります。
その際、コミュニケーション能力がなければ高いパフォーマンスでシステム構築などを進めることが困難となります。
また、クライアント内の各関係部署との調整が発生することも多々ありますので、スピーディーかつ正確なコミュニケーションがクラウドエンジニアには欠かせないのです。

クラウドエンジニアに向いている人

クラウドエンジニアに向いている人は、必ずしもクラウドエンジニアの経験がある人ばかりではありません。
オンプレミス環境からクラウド環境に移行する企業が増えていると解説しましたが、オンプレミスの実務経験をクラウドサービス上での設計に活かすことも可能です。
実際、オンプレミスのエンジニアからクラウドエンジニアに転身される人も多いようです。 システム開発の世界は技術の刷新、革新が早い世界です。
大切なのは、オンプレミスかクラウドかに関わらず常に新しい技術に対してアンテナを張り、そのスキルを貪欲に吸収する姿勢を持ち続けることです。
そうした意識で仕事に取り組める人であれば、きっとクラウドエンジニアとして長く活躍できるでしょう。

クラウドエンジニアになるためには?

では、これからクラウドエンジニアとして活躍したい場合、どんな方法があるのでしょうか。

1つは、未経験からでも採用してくれる企業に就職することです。
企業によっては未経験でもクラウドエンジニアの求人募集を出している場合があります。
何からのエンジニア経験があればその経験を活かせる可能性もありますので、クラウドエンジニアに求められる知識や資質を磨きつつ、面接の際には現状できることや貢献できることをきちんとアピールしましょう。
また、スキルや知識以外にもクラウドエンジニアとしての資質としてアピールできるポイントはあります。
問題解決能力の高さやコツコツ作業できるかどうかといった個性を持っていれば、クラウドエンジニアとして成長できる可能性は十分にあります。

2つ目の方法は、専門の学校に通うことです。
クラウドエンジニアに必要な知識やスキルは、オンラインスクールや専門学校に通うことで身につけることが可能です。
もちろん独学でも学習可能ですが、スクールでは実践的かつ体系的に学ぶことができるため、仕事と両立しながらでも確実に知識やスキルを身につけることができです。

3つ目は、他のエンジニア業種からの転職を図る方法です。
ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアであれば比較的スムーズに転向が可能でしょう。
インフラ系の知識や経験がすでにあれば、そこにクラウドコンピューティングの知識をプラスすることで即戦力になることができるでしょう。

クラウドエンジニアの仕事に役立つ資格

クラウドエンジニアとして働くうえで、また自らの知識やスキルを証明するうえで、以下の4つの資格は大いに役立つものです。

  • AWS認定ソリューションアーキテクト
  • Google Cloud 認定資格(Google Cloud Certified)
  • Microsoft Azure 認定試験
  • LinuC(Linux技術者認定

それぞれの資格の概要をご紹介します。

「AWS認定ソリューションアーキテクト」は、AWS(Amazon Web Service)の知識を証明できる資格です。
業務でも役立つ実践的な知識を習得できるため人気の資格ですが、自分の能力を客観的に証明することにも役立ちます。
資格取得の学びを通じ、クライアントの要件や目的にあったシステムをAWS上に最適に実装するスキルを身につけることができます。

「Google Cloud 認定資格(Google Cloud Certified)」はGoogle Cloudを活用するうえでの必要スキルの習得を認める資格です。
Google Cloud 認定資格にはいくつか種類がありますが、クラウドエンジニアを目指す場合、Professional Cloud Architect、Professional Cloud Developerなどの資格を取得するとよいでしょう。

「Microsoft Azure 認定試験」は、試験(マイクロソフト認定プロフェッショナル)を通じて認定されます。
認定試験の種類が複数あるので、求める知識やスキルに応じて試験を選択します。

また、この3つのクラウドエンジニア向け資格に挑む前に「LinuC(Linux技術者認定)」の取得を目指すこともおすすめです。
クラウドで使用される標準的なOSはLinuxである為、Linuxの知識が必要不可欠です。
LinuC取得の勉強を通じてLinuxや仮想技術の基礎を事前に身につけておくことはクラウドの仕組みを理解するうえでも非常に役立つものです。

今後ますます需要が期待されるクラウドエンジニア

この記事では、クラウドエンジニアの仕事内容や必要スキル、平均年収、今後の需要などを解説しました。
オンプレミスからクラウドサービスへの移行が加速する中、クラウドエンジニアは今後も需要の高まりが期待されます。
他のエンジニアと比較しても平均年収が高く、将来性の高い仕事であることは間違いないでしょう。
エンジニアとして長く安定して働きたいとお考えなら、ぜひクラウドエンジニアへの転職を考えてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアとは?仕事内容や資格について解説

製品の定期的なメンテナンスなど、ユーザーのサポート全般を担当するフィールドエンジニア。 フィールドエンジニアの仕事内容や資格、向いている人についてご紹介します。(つづきを読む)

RPAエンジニア

RPAエンジニアを目指すのに必要なスキルとは?仕事内容や勉強方法を紹介

多くの企業が生産性の向上や働き方改革に乗り出す動きの中、RPAエンジニアの需要が順調に伸びています。 RPAエンジニアの仕事内容を解説し、必要な知識やスキルにあわせて未経験でもRPAエンジニアを目指す方法や勉強方法を解説していきます。(つづきを読む)

システム運用

システム運用とは?仕事内容や求められるスキルについて解説

システムのトラブルを未然に防ぎ、トラブルの原因や対策を考えるシステム運用。
システム運用の仕事内容や求められる資格やスキルについてご紹介します。(つづきを読む)

 

 

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.