【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

未経験からAWSエンジニアになれる?勉強方法やとるべき資格について

未経験からAWSエンジニアになれる?

AWS(Amazon Web Service)は、クラウドサービスの中でも汎用性が高く、いまやIT企業だけでなく幅広い業界で利用されています。AWSの市場規模拡大と共にAWSエンジニアの需要も高まっており、未経験からエンジニアを目指す方の中にもAWSエンジニアを目標とされている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、AWSエンジニアの概要と未経験からAWSエンジニアを目指す場合の勉強法、活かせる資格などについてまとめています。未経験からAWSエンジニアを目指している方はぜひ参考にしてみてください。

AWSとは

AWSとは、Amazonが提供しているクラウドサービス群であるAmazon Web Serviceの頭文字をとった言葉です。

サーバーやストレージ、データベース、ソフトウェア、ネットワークなど、インフラを中心としたさまざまなサービスが含まれています。 広範かつ汎用性の高いAWSはクラウドサービスの中でも特に利用率が高く、トップの市場シェアを誇っています。

AWSエンジニアとは

AWSエンジニアとは、AWSを活用してインフラの設計から構築、運用保守までの対応を行うと共に、場合によっては構築したインフラで動かすアプリケーションの開発までを担うエンジニアです。AWSはもちろん、クラウドサービスやインフラ、アプリケーション開発といった分野の幅広い知識・経験が求められます。

AWSエンジニアについては以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

>AWSエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルについて解説

未経験者がAWSを学ぶ際の前提知識

未経験からAWSを学ぶ際には、まずクラウドサービス自体への理解を深める必要があります。詳しく見てみましょう。

クラウドサービス

クラウドサービスとは、ネットワークを経由してデータやソフトウェア、動作環境のリソースなどを利用するサービス形態を指します。以前は、データの保管場所やアプリケーションの動作環境を用意する場合、自身でハードウェアやソフトウェアなどを設置・管理する必要がありました。

しかしクラウドサービスの登場により、サービス事業者のネットワークに接続できる最低限の環境(PCやインターネット回線など)があれば、手軽にシステム構築や運用ができるようになりました。

クラウドサービスのメリット

自身でハードウェアやソフトウェアなどを設置・管理する従来の導入形態は「オンプレミス」と呼ばれます。オンプレミスと比べてクラウドサービスが優れている点としては、主に以下のようなことが挙げられます。

・ハードウェアなどの購入が不要となり初期コストが安価になりやすい

・契約後すぐに利用できるため環境構築のスピードを速くできる

・必要なリソースの追加が柔軟にでき、拡張性が高い

・ハードウェア部分の管理を事業者に任せられるため、管理コストを下げやすい

・複数のデータセンターを利用することで災害時などのリスクヘッジができる

特に、ハードウェアの購入が不要なため初期コストを抑えて迅速に環境構築ができ、後からリソースの増減もしやすい点が大きな魅力です。AWSエンジニアになる際は、このようなクラウドサービスのメリットを事前に理解しておきましょう。

未経験からAWSエンジニアになるための勉強法

ここからは、未経験からAWSエンジニアを目指す際の勉強方法とその流れをご紹介します。

クラウド自体のメリットを知る

まずは当然ながらクラウドサービス自体への理解を深めましょう。ビジネス現場での活用事例や各クラウドサービスの特徴などはWeb上でも多く掲載されています。AWSを学ぶ前に、これらの情報を一通り確認しておきましょう。

AWSのサービスについて知る

クラウドサービスへの理解が深まったら、次にAWSについて重点的に学んでいきます。Webや書籍などを利用して学ぶことができます。また、AWSには誰でも無料で利用できる枠が設けられていますので、どのようなサービスがありどのような流れで利用できるのかを体験するために、一通りの知識をつけたらぜひ無料利用枠を試してみるようにしましょう。

資格の取得を目指す

クラウドサービス、AWSの知識のインプットが進んだら、そのアウトプットとしてAWSに関連する資格の取得を目指しましょう。後ほど詳しく紹介しますが、AWSには分野や役割、レベルに応じてさまざまな認定資格が用意されています。

未経験からAWSエンジニアを目指す際には、まずAWS認定資格の取得を目標にするとよいでしょう。勉強方法としては、AWSの公式ドキュメントやWeb問題集、書籍などを活用します。受講料が必要にはなりますが試験対策講座を開催しているスクールもありますので、余裕があれば活用してみましょう。

実践形式(ハンズオン形式)で学ぶ

応用的な内容になりますが、AWSの無料利用枠を活用し、実践的に環境構築やプログラム設置などを行ってみましょう。ただし、実戦形式での学習はAWS初心者にはハードルが高い内容です。書籍のみでは行き詰る場合も多いため、Web学習サイトやオンライン講座などを活用して取り組むことをおすすめします。

未経験からAWSエンジニアになるための方法

aws画像

AWSエンジニアには、クラウドサービスとAWSの知識に加えてインフラやアプリケーション開発などの幅広い知識が求められます。また、採用する企業は即戦力となるAWSエンジニアを求めている場合が多く、未経験からいきなりAWSエンジニアになるのは狭き門です。

ここでは、未経験からAWSエンジニアになるためのステップを2つ紹介します。

インフラエンジニアとして経験を積む

AWSにはさまざまなサービスがありますが、多くはインフラ構築に関するサービスであり、インフラエンジニアが身につける知識・技術と共通しています。

まずはインフラエンジニアとなり、インフラに関する基本的な知識・技術を身につけておけば、AWSエンジニアへの転職もしやすくなります。

プログラマーとして経験を積む

AWSエンジニアの基本的な業務内容はAWSを活用したインフラ基盤構築であることが多いですが、インフラ基盤構築からアプリケーション開発までをワンストップで対応できるAWSエンジニアには高い需要があります。インフラに関する知識・技術は別途習得する必要がありますが、プログラマーとして経験を積んでおけば、より市場価値の高いAWSエンジニアを目指すことができるでしょう。

未経験からAWSエンジニアになる人が取るべき資格

AWSには、扱う分野や役割・レベルに応じて複数の認定資格が用意されています。それぞれの認定資格の概要と未経験からAWSエンジニアを目指す際に取得しておくべき資格を解説していきます。

役割別認定資格

役割別認定資格は基礎コース、アソシエイト、プロフェッショナルの3段階で以下の計6つの認定資格が設けられています。

基礎コース Cloud Practitioner(AWS基礎)
アソシエイト Solutions Architect Associate(設計)
SysOps Administrator Associate(運用)
Developer Associate(開発)
プロフェッショナル Solutions Architect Professional(設計)
DevOps Engineer Professional(開発・運用)

 

この中でもSolutions Architect AssociateはAWSエンジニアの登竜門的試験となっており、取得をしておくことでAWSエンジニアへの転職時に大きなアピールポイントとなります。未経験からAWSエンジニアを目指す場合には、まずこのSolutions Architect Associateの取得を目指してみましょう。

専門知識認定資格

専門知識認定資格は、役割別認定資格のプロフェッショナルから更に細分化された高度な専門知識が求められる試験です。内容は以下の5分野が用意されています。

AWSでセキュアな運用を行うための専門知識 Security
AWSデータベースサービスの専門知識 Database
AWSで機械学習を行うための専門知識 Machine Learning
AWSネットワークに関する専門知識 Advanced Networking
AWSで収集したビッグデータ解析の専門知識 Data Analytics

 

専門知識認定資格の取得には、特定分野に特化した専門的な知識が必要です。該当分野における業務経験がある場合は別ですが、IT関連業務未経験の状況から取得するにはハードルが高い資格と言えます。

未経験からAWSエンジニアを目指す場合には、まずは役割別認定資格の取得を目指し、AWSエンジニア転職後に業務内容や興味のある分野に沿って取得を目指すのがおすすめです。

未経験からでもAWSエンジニアにはなれる!

今回は、AWSエンジニアの概要と未経験からAWSエンジニアを目指す場合の勉強法や資格についてまとめました。 未経験からAWSエンジニアを目指すにはやや高いハードルがありますが、ここで紹介したエンジニアとしてのステップや資格取得に向けた勉強を積むことでその道を切り拓くことは可能です。

あなたもぜひ、この記事を参考に高い需要を誇るAWSエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

 

関連する記事

フィールドエンジニア

AWSエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルについて解説

AWSエンジニアの仕事内容や必要なスキル、平均年収などを紹介します。 テクノジョブサーチでは、ICT業界の求人・転職情報が満載。お仕事に関するお役立ち情報もお届けしています。(つづきを読む)

SE支援

SE支援とは?働き方や派遣との違いについて解説

人員不足により需要が高く、正社員からフリーランスまで多種多様な働き方が可能なエンジニア。 その中でも、注目されているのがSE支援です。 SE支援の業務内容や、メリット・デメリットについてご紹介します。(つづきを読む)

システム運用

システム運用とは?仕事内容や求められるスキルについて解説

システムのトラブルを未然に防ぎ、トラブルの原因や対策を考えるシステム運用。
システム運用の仕事内容や求められる資格やスキルについてご紹介します。(つづきを読む)

 

 

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.