【☎応募もOK】平日10:00~20:00まで受付中!
0120-689-313

AWSエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルについて解説

AWSエンジニアとは?仕事内容や必要なスキルについて解説

今や多くの企業で利用されているAWS(Amazon Web Service)。ここ数年、社内のITインフラをクラウドへ移行したいニーズの高まりとともに、AWSエンジニアの需要は拡大していますが、具体的にどのような業務を行うのでしょうか。

そこで今回は、AWSエンジニアの仕事内容や必要なスキル、平均年収などを紹介します。

AWSエンジニアとは?

AWSエンジニアとはAWS(Amazon Web Service)の知識やスキルに特化したエンジニアのことですが、そもそもAWSとはどんなものなのか、またシェアや導入メリットなど、まずはAWSの概要を解説します。

AWSとは

AWSとは「Amazon Web Service」の頭文字をとった言葉で、Amazonが提供するクラウドサービスの総称です。サーバーやストレージ、データベース、ソフトウェア、ネットワークなど幅広い内容があり、これらのサービス群のなかからインターネットを通して必要なサービスを必要な分だけ利用することができます。

クラウド業界のシェア

従来、IT機器を利用するのであれば、自社の建物内にIT機器を設置する「オンプレミス型」が一般的でした。しかし、インターネット環境さえあれば機器の導入なしでITの機能を活用できるクラウドサービスが普及して以降、市場のシェアはクラウドに急速に移行しています。

AWSは、クラウドサービスのなかでもとりわけ高い市場シェアを誇っています。米調査会社Synergy Research Groupの調査結果では、2018年第4四半期時点でのクラウドインフラサービスの市場シェアで約35%を占めて1位となりました。

AWS導入のメリット

AWSを導入するうえでメリットとして挙げられるのは、初期コストの安さと導入~利用開始までのリードタイムの短さです。

AWSは、インターネット環境さえあればIT機器やソフトウェアを購入することなく、必要な機能のみを選んで利用できます。必要な手続きはAmazonとの契約のみのため導入も迅速です。初期コストをかけずに迅速にWebサービスを開発、公開できるAWSは、今や多くの企業で不可欠な存在となっています。

AWSエンジニアの仕事内容は?

では、AWSエンジニアの実際の仕事内容を見ていきましょう。

開発

AWSエンジニアは開発環境や開発したアプリケーションを動かす基盤を整えるのが主な仕事ですが、場合によっては開発工程を担うこともあります。AWSの知識を持つエンジニアが開発を手掛けることで、より運用がしやすいWebサービスを提供できるようになります。

設計

開発内容や動かすアプリケーションなどにしたがって、必要なリソース量や構成、セキュリティ要件などを設計します。適切な環境を設計できるかどうかは運用開始までのリードタイムを左右するため重要です。

構築

設計した内容をもとに、実際に利用するインフラ環境を構築します。また、構築後に脆弱性がないかのセキュリティ診断を実施し、必要に応じて修正もおこないます。

運用

構築した環境を安定的に運用するため、リソースやセキュリティの監視、OS・ミドルウェアのアップデートなど、運用全般の業務を担当します。AWSの特性を把握してなければできない作業も多く、通常のインフラエンジニア+αの知識・技術が必要となります。

AWSエンジニアに必要なスキルは?

aws画像

AWSはさまざまなサービスが包含されたクラウドサービスです。AWSエンジニアとして活躍するためには、ITにおける広範な知識・技術が求められます。

AWSの知識・実務経験

まずは当然AWSの知識が欠かせません。またAWSは広範なサービスを提供しているため、シーンにあわせてどのサービスを組み合わせれば最適なのかを判断する必要があります。実装についても経験があるのとないのとでは大きな差があります。AWSエンジニアを目指すのであれば、まずは簡単なサービスだけでもいいので自分で環境を構築してみましょう。

基本的なインフラスキル

AWSエンジニアは、インフラエンジニアにAWS独自の知識・技術をプラスしたエンジニアといえます。したがって、AWSエンジニアとして活躍するにはインフラ環境の構築・運用やネットワーク、セキュリティなどインフラエンジニアとしての知識や技術も必要です。

ミドルウェア関連の知識

AWSを利用する場合でもOSやミドルウェアといったソフトウェアに関するスキルも求められます。ストレージの管理やデータバックアップ、ミドルウェアのバージョンアップなどに問題なく対応できる必要があります。

アプリの開発や運用

担当する工程によってはアプリの開発が必須ではない場合もありますが、アプリ開発から運用まで一貫して対応できるAWSエンジニアの需要は高い傾向にあります。
AWSはクラウドサービスのため、プラットフォーム部分はAmazonが管理しています。この特性を踏まえ、AWSに最適なアプリの開発や運用をするスキルを身につけているとなおよいでしょう。

AWSエンジニアの平均年収

各転職エージェントなどにおける求人情報を参考にすると、AWSエンジニアの年収は会社員の場合であれば600万円前後、フリーランスの場合であれば900万円前後(月収70~80万円)が平均となっています。インフラエンジニアの平均年収が500万円前後であることを考えると、AWS独自のスキルだけで100万円近く収入が高くなっていることがわかります。
年収が高いと言われているITエンジニアのなかでも、AWSエンジニアは特に高年収であるといえるでしょう。

AWSエンジニアになる方法とは?

では、AWSエンジニアになるにはどんな方法があるのでしょうか。

未経験から

AWSエンジニアには基本的なインフラスキルに加えてAWSの専門的な知識や経験が求められます。そのためエンジニア未経験可のAWSエンジニア求人はなかなかありません。まずはインフラエンジニアやプログラマーなどIT関連の基礎を身につけ、そのあとにAWSエンジニアに必要な経験を積める職業に転職するのがおすすめです。

インフラエンジニアから

インフラエンジニアとして十分な経験を積めていればAWSエンジニアへの転職はしやすいでしょう。AWSエンジニアにはネットワークおよびサーバー関連の知識・経験が必要となるため、偏りのないように知識と経験を積んでおきましょう。自身で実際にクラウドサービスを利用し、クラウドサービスへの理解を深めておくこともおすすめです。

プログラマーから

前述の通り、アプリの開発経験を持つAWSエンジニアは市場価値がより高くなります。インフラの知識や経験は自ら身につける必要がありますが、ネットワークやサーバインフラ系の国家資格・ベンダー資格を取得しておくと転職の際に有利に働くでしょう。

AWSエンジニアになるために役立つ資格とは

AWSエンジニアになるために役立つ資格としては、まずAWSが認定しているAWS認定資格が挙げられます。経験に応じて基礎~プロフェッショナルまでの分野と専門知識分野とに分けられています。

 

経験に応じた階層別認定

基礎コース Cloud Practitioner
アソシエイト Solutions Architect Associate
SysOps Administrator Associate
Developer Associate
プロフェッショナル Solutions Architect Professional
DevOps Engineer Professional

 

専門知識認定

AWSでセキュアな運用を行うための専門知識 Security
AWSデータベースサービスの専門知識 Database
AWSで機械学習を行うための専門知識 Machine Learning
AWSネットワークに関する専門知識 Advanced Networking
AWSで収集したビッグデータ解析の専門知識 Data Analytics

専門知識認定の取得には高度な専門的知識が求められるため、まずは経験に応じた階層別認定の取得を目指しましょう。特にSolutions Architect AssociateはAWSエンジニアの登竜門的試験となっており、どの資格を取得すべきか迷った時にまず目指す資格としておすすめです。

AWSエンジニアの需要

近年ではAWSを利用する企業が多くなったことに加え、既存のオンプレミス環境をAWSに移行したいと考える企業もまだまだ多く、AWSエンジニアの需要は今後も高く推移すると考えられます。

また、AWSはインフラとしての側面を持っていますので、既存環境の移行が終わった後でも運用・監視は必要となってきます。AWSがクラウドサービスの市場で上位のシェアを保っている限り、AWSエンジニアも安定した需要が続くと考えられます。

AWSエンジニアのキャリアパス

AWSエンジニアに転身した後のキャリアパスとしては主に以下の3パターンが挙げられます。

・PL(プロジェクトリーダー)・PM(プロジェクトマネージャー)

・ITコンサルタント

・フリーランス

AWSエンジニアとしての実務経験を積めば、エンジニアを束ねるリーダーとしてプロジェクトを推進するPLやプロジェクト全体のマネジメントを行うPMへの道が拓けるでしょう。PLやPMクラスになれば年収が1,000万円近くになることも珍しくありません。

また、AWSの実務経験を活かして企業のコンサルタントを行う「ITコンサルタント」を目指すことも可能でしょう。実際にAWSでの設計、構築、運用経験があれば顧客への提案内容にも説得力が生まれます。ITコンサルタントは実績が年収に直結するためばらつきがありますが、700万円~1,000万円の年収を得ることも不可能ではありません。

PL・PMやITコンサルタントのように企業に所属するのではなくフリーランスとして活躍する道もあります。一般的にインフラ系のフリーランスは未経験で案件を獲得することは難しく、営業力も必要となりますが、企業に所属するよりも平均年収は高い傾向にあります。

まとめ

ここではAWSエンジニアの仕事内容や必要なスキル、年収などを紹介しました。

AWSエンジニアにはITにまつわる幅広い知識が求められるため、その地位を目指す道は決して楽ではありません。しかしAWSを利用する企業やオンプレミスからAWSに移行したいと考える企業が増えていることから、他のエンジニア職より高い年収を得ることもできる職種です。また、より年収の高い職種へのキャリアパスが描きやすい仕事でもあります。
エンジニアとしてITの世界で長く活躍したい方は、ぜひAWSエンジニアの道にトライしてみてはいかがでしょうか。

 

関連する記事

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアとは?仕事内容や資格について解説

製品の定期的なメンテナンスなど、ユーザーのサポート全般を担当するフィールドエンジニア。 フィールドエンジニアの仕事内容や資格、向いている人についてご紹介します。(つづきを読む)

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは?仕事内容や平均年収、必要なスキルについて

クラウドエンジニアとは、クラウドインフラの設計や構築、運用をおこなう職業です。クラウドエンジニアとは、クラウドインフラの設計や構築、運用をおこなう職業です。(つづきを読む)

システム運用

システム運用とは?仕事内容や求められるスキルについて解説

システムのトラブルを未然に防ぎ、トラブルの原因や対策を考えるシステム運用。
システム運用の仕事内容や求められる資格やスキルについてご紹介します。(つづきを読む)

 

 

© 2021 NOC techno-Solutions Inc. All Rights Reserved.